ガールズバー初歩編

まず、ガールズバーの仕組みを知っておかないと意味がありませんのでガールズバーの初歩を学びましょう。
『ガールズバーとバーの違いについて』
これは中高年の男性からよく質問される内容です。
バーテンダーとどう違うんだ??と上司から聞かれたこともありますよ・・・。
この年代は、クラブかキャバレーしか知りませんからね。

そんな方も含めて!!ガールズバーは、最近になって増えてきたお店なんですよ。 近年、名のつく店が増えつつあり、どこの地域、駅にも1、2店は見かける気がします。増えつつあるガールズバーとはいったいどんな店なのか、一緒に学びましょう。ガールズバーとは基本的には若い女性がバーテンダーとしてカウンター越しに立ち、一杯ずつのお酒の提供や客との会話を楽しむ、といった形態のお店である。
料金体系も店によって様々だが、多くの店でテーブルチャージが時間単位であり、それにプラスドリンク代やおつまみ代、サービス料が追加される。
言うなればキャバクラよりは安く、一般的なバーよりは少し高い、といった加減である。

では一般的なバーと言われるところと何が違うのだろうか? 日本ではグラス一杯ずつで提供する形態のショットバーというものが一般的で、カウンター席のある店内で、ビールやワイン、カクテルなどのアルコール飲料をバーテンダーと呼ばれる業種の人が酒を作り、客をもてなす。
女性のバーテンダーも増えつつあるが大半は男性バーテンダーであり彼らが客とのやりとりを行う。ガールズバーではもてなすバーテンダーが全て女性ということが一番の違いである。

最近ではバーも多様化し、様々な形態のものも多くなってきている。例えば、特定の酒を提供する焼酎バーやビアバー、ダーツができるダーツバーや大画面でスポーツ観戦ができるスポーツバー、また特定の性愛や性的指向を組み合わせたゲイバーやニューハーフバーなどもバーとしての業種に含まれる。
どの店も客が店の趣旨や嗜好を目的に、かつ酒を楽しめる形態のものとなっている。

その中でもガールズバーは、若い女性と会話を楽しみつつ酒を飲みたい、しかしながらキャバクラやクラブに行くには敷居が高い、もっと気軽に手頃に若い女性との会話を楽しめないかという要望からできたものとも言える。
女性が隣について座る、というキャバクラとは異なりカウンターを隔てての会話となるが、よりリーズナブルに女性と会話を楽しめる、というところがガールズバーが広く人気の理由の一つと言えよう。

今回色々と教えてくれたのは千歳烏山にあるガールズバーのアルバイトの女の子である。
アルバイトとはいえ、色々なことを知っていてとても明るくかわいらしい子だったため、またここには遊びに来ようと思う。