避妊薬で安心安全生活TOP > アフターピルとは?

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれている事後に使用する避妊薬です。現在は副作用のリスクが低く安全です。

アフターピルとは?

アフターピル

緊急で避妊をせねばならない時に使用する避妊薬がアフターピルです。緊急避妊薬とも呼ばれています。この「緊急」が指すものとしてはコンドームを使用した方法が失敗した場合。性犯罪にの被害者になってしまった場合などやむを得ない状況が起こり妊娠を回避したいケースです。セックスの後に服用し、避妊効果を得るという少々強引な避妊方法ではありますが、アフターピルの服用は早ければ早いほど妊娠の確率が下がるため、迅速に行うのが最も良いためその際は必ず実行に移して下さい。

作用機序としてはホルモンバランスを急激に変化させ、脳に妊娠したと錯覚させることです。その結果排卵の抑制と遅延、受精卵の着床を防ぐという効果が生まれるのです。そのため受精した場合にも妊娠を防ぐことが可能です(ただしリミットである72時間以内に限る)。多くは72時間以内に1錠、そして服用12時間後にもう1錠を服用する方法になります。

ノルレボを使う方法

ノルレボ

アフターピルにも2種類の方法があります。近年主流であるノルレボを用いた方法と、ヤッペ法です。ノルレボは製品名でもあり、日本の製薬会社あすか製薬が販売している国内初のアフターピルです。WHO(世界保健機構)にも指定されている重要性の高い医薬品となります。

ヤッペ法を使う方法

ヤッペ法

一方のヤッペ法はノルレボの承認までに主流だった方法です。中用量ピルのプラノバールを使用した方法です。ヤッペ法は中用量ピルを使用するため、副作用のリスクが高く吐き気をもよおしたり、実際に吐いてしまう場合があります。ちなみにプラノバールも、あすか製薬が販売しています。いずれの方法も避妊に成功すれば消退出血が起こります。

ノルレボのジェネリック、アイピル

アイピル

アイピルというアフターピルはノルレボのジェネリックなのですが、その実用性、コスパの高さから特に人気が高い製品です。通常アフターピルは2錠服用せねばなりません。しかしアイピルは1錠のみで終わります。ジェネリックですので、ノルレボと比べると遥かに価格が安くその点も人気の一因になっています。

アイピルはインドの製薬会社、シプラ社により販売されています。インド製のジェネリックは世界的に見ても品質が高いですし、需要も多いのですが国内で認可されているものが極めて少ないです。そのため海外医薬品の通販サイトにて購入しなければなりません。現地から発送されますので、急を要する場合は素直に医療機関へ行きましょう。

アフターピル使用上の注意

アフターピルの服用は体にかかる負担も大きいのです。しかしその後不妊症になったりだとか、大きな病気にかかるといったことは今のところ報告は無いため安心して下さい。意図しない妊娠で中絶を行うよりもリスクが低い方法です。もしものために通販サイトで購入し、備えておくと安心です。