低用量ピルには1相性と3相性の二種類があり、1相性は同量の成分、3相性は三段階の成分量に分かれているのが特徴です。

1相性と3相性

低用量ピルのタイプ

低用量ピルのタイプ

現在主流になっている避妊薬として挙げられるのが低用量ピルです。ホルモン含有量が従来より少ないため副作用のリスクが低く、なおかつ避妊効果もきちんと得られるためです。避妊方法としては最も高いほぼ100%の確率で避妊が出来ます。意図をしない妊娠を防ぎたい方にとっては必需品であると言えます。

その他にも生理不順や生理痛の緩和、PMSの抑止、避妊薬によってはニキビ治療にも使える副次的な効果も持ち合わせています。その低用量ピル、2種類のタイプがあります。1相性と3相性があるということです。一体何が違うのでしょうか?

1相性とは?

マーベロン

1相性は錠剤全てが同量の成分であることです。マーベロンはその代表であると思います。順番関係なくどの錠剤から服用しても構いませんが、シートに番号が記載されている避妊薬もありますのでその際は沿うようにして下さい。生理日の調整に便利なため、使用に慣れた人から特に好まれているのが1相性です。また中用量・高用量ピル、超低用量ピルもこちらに該当します。

3相性とは?

トリキュラー

3相性は3つの錠剤があり、それぞれ含有されているホルモン量が違うのが特徴です。また製品によって徐々にホルモン量が増えていくものや、中間に黄体ホルモン量が増えるといったものがあります。個人によって合う合わないがありますので医療機関でよく相談して決めて下さい。メリットとして体内で生成されるホルモンバランスに近くなるため、不正出血が起こりにくいという点が挙げられます。この3相性で人気の高い避妊薬がトリキュラーです。価格も安く副作用も起こりにくいためです。

どちらのタイプも医療機関で入手することが可能ですが避妊目的で利用する場合は保険適用がされません。その場合実費負担になりますので診察代、処方せん料などの費用が加算されます。そのような料金がわずらわしい時に役立つのが海外医薬品の通販サイトです。注文した際には直接海外から医薬品が発送されますので、現地価格にて購入が可能です。

1相性、3相性ともにメリットとデメリットがあります。使いやすい1相性か?副作用のリスクがより低い3相性か?選択肢が広いためなかなか選びにくいかもしれませんが相性がバッチリ合えば副次効果も得られより充実した生活を遅れるはずです。