避妊薬で安心安全生活TOP > 避妊薬を使えないケース

避妊薬には血栓症のリスクがあります。発症の確率を高めてしまうケースがあり、当てはまる場合は使用が出来ません。

避妊薬を使えないケース

避妊薬を使えないケース

避妊薬を使う意味とは?

避妊薬を使うことは最も避妊リスクを低くする方法として知られています。毎日継続して服用する事でその効果は続き、服用をやめれば即座に妊娠が可能となります。コンドームを使う男性主体の避妊方法とは違い、女性主体の避妊方法ですので自分でコントロールがし易いのが特徴です。日本での普及はまだこれからですが、海外では一般的な避妊方法であり、教育の一環としてもその使用を教えられます。

現在は低用量ピルの登場で、副作用のリスクも下がり認可がおりたことによって認知度も広まりつつあります。そして女性特有の生理痛などの緩和にも一役買いますので避妊目的以外でも処方をしてもらえたりします。そういった理由で利用をしてみたい女性はこれから多くなっていくと思うのですが、その中でも使用を控えるべきケースを持つ女性もいたりします。

喫煙者は使用を控えましょう

喫煙者

その要素はいくつかあるのですが、まず一つが喫煙者が使用する事です。特に35歳以上の女性でなおかつ1日15本吸う場合は処方が不可となります。利用されたいのであれば禁煙をしなければなりません。その理由は血栓症のリスクが高くなってしまうからです。低用量ピルは血栓症が出来てしまうことがあり、実際に死亡事故も起きています。そしてタバコは血液を凝固する作用を持っています。

これらが組み合わさってしまうため、血栓症のリスクが高まってしまうのです。ちなみに血栓症とは血液の塊が出来てしまい、それが詰まってしまう症状です。死に至る事もある怖い症状ですので軽く考えずに利用の際は慎重になりましょう。

がんの傾向、もしくはがん患者も使用出来ません

乳がん

乳がん、子宮頸がんの疑いがある方は服用する事が出来ません。またすでにがんを罹患していてもいけません。女性ホルモンが関係している病ですので主成分が女性ホルモンである避妊薬の使用は絶対にしてはならないのです。その他、妊娠している場合や6週間以内の人、授乳中の人も出来ません。血栓症のリスクが高くなってしまうからです。

避妊薬は女性に多くのメリットを与えますが、場合によっては血栓症のリスクが生じてしまいますので当てはまる場合には然るべき処置を行って利用するようにしましょう。