避妊薬で安心安全生活TOP > 人気のアフターピル、アイピル

アイピルはノルレボのジェネリックです。そのため同等の効果を持っており、しかも価格が安いためとても人気の高いアフターピルです。

人気のアフターピル、アイピル

アイピル

避妊の失敗をした場合、アフターピルを服用することで妊娠の防止が出来ます。セックスの際にはコンドームを使用して避妊を行いますが、何らかの原因で失敗して、不安を抱いた場合はアフターピルを利用しその不安を打ち消す人が多いでしょう。

ノルレボのジェネリック、アイピル

アイピル

その中でも特に有名かつ人気の製品として知られているのが、シプラ社より販売されるアイピルです。国内初のアフターピルであるノルレボのジェネリックであり、かつて行われていたプラノバールを主に使用するヤッペ法よりも副作用が少なく、妊娠を防ぐ確率も上がっています。その理由は初めからアフターピルという目的で開発されているからです。

主成分であるレボノルゲストレル(黄体ホルモン)の作用で、排卵を抑制・遅延をさせ、子宮内膜を剥がし着床しにくくします。また例え受精していても前述の通り、子宮内膜の厚さが足りず着床しにくいため妊娠する確率は非常に低くなります。72時間以内の服用が緊急避妊の絶対条件です。しかし72時間内でも時間が経つごとに妊娠してしまう確率は上がってしまうため、12時間以内の服用をおすすめします。ほぼ100%避妊効果を得られるからです。

服用の際の注意事項

アイピルの副作用

いくらヤッペ法よりも安全性、確実性が増していると言えどやはり通常ではあり得ないホルモン量が体内に入るため、体への負担は相当です。まずないとは思いますが連日の使用は避けることと、出血を確認してから性行為に及んで下さい。個人差によりますが、5~7日に起こることが多いようです。

副作用には頭痛、吐き気、下腹部痛などが生じます。嘔吐した場合はアイピルの効果が無くなるため、もう1錠服用して下さい。吐き気を防ぐにはなるべく食後に服用することです。また吐き気止めと一緒に服用するのもおすすめです。これらの症状は1~2日経過すれば治まります。

もしもの時に備えておきましょう

アイピルの購入方法

避妊の失敗、そしてもしものときに備えアイピルをストックすることは安心にも繋がります。しかし国内では認可が下りていないため、それを取り扱う海外医薬品の通販サイトで購入しなければなりません。先発薬であるノルレボよもかなり安い金額で購入出来ます。それもまったアイピルの人気の理由なのです。