避妊薬で安心安全生活TOP > マーベロンの効果とは?

マーベロンはトリキュラーと並び人気の低用量ピルです。1相性タイプなので飲む順番も無く、副作用も少ないため使いやすいといえます。

マーベロンの効果とは?

マーベロン

避妊薬の中でもホルモン量が極めて少ないものを低用量ピルと呼びます。この低用量ピルの中でもトリキュラーと並び人気が高いのがマーベロンです。正しく服用すればほぼ100%避妊ができ、なおかつ1相性なため服用する順番を気にしなくても良いことがその理由となっている避妊薬です。

アメリカに本社を置くMSD株式会社より販売されているマーベロンは、認可されている避妊薬の中で最も卵胞ホルモンが少ないので副作用のリスクがとても低く安心して使用が出来ます。また男性ホルモン作用も弱いので、ニキビが出来る心配もありません。服用すればホルモンバランスを調節し、排卵の抑制や子宮内膜が厚くなるのを防ぎますので妊娠を阻止できるのです。

21錠入りと28錠入りの2タイプ

マーベロン

トリキュラーと同様、マーベロンにも21錠入りと28錠入りの2種類があります。21錠入りは21錠服用が終わった後に休薬期間を設けます。7日間あり、29日目からまた新しいシートを服用しその繰り返しとなります。28錠入りは7日間ある休薬期間にも錠剤を服用するのですが、こちらは偽薬になります。飲み忘れを防ぐための措置ですので、初めて使用される方や飲み忘れが心配な人は28条入りを選ばれた方が良いと思います。

マーベロンの服用方法

服用はなるべく同じ時間に毎日1錠服用します。初めての方は生理初日より服用することでその日から避妊効果を得ることが出来ます。ただ初日から遅れて服用した場合には飲み始めの一週間にセックスを行う際、コンドームなど他の避妊方法を併用する必要があるため注意をしましょう。

マーベロンの副作用

また副作用についてですが、吐き気、乳房の張り、頭痛などが起きます。特に飲み始めから一週間の間は起こりやすいですが、一時的なものですのであまり心配はいりません。しかしもし継続するようであれば一度医療機関で相談をされたほうが良いでしょう。重大な副作用として血栓症が出来てしまう可能性があります。

特に喫煙をする方、そして年齢が高い方などに発生するリスクが高くなっています。その際も医療機関で相談を行い必要であれば禁煙をする、食生活などを見直すなどといった生活習慣を変えていく必要も出てくるかもしれません。