避妊薬で安心安全生活TOP > 低用量ピルとは?

現在主流な避妊薬が低用量ピルです。トリキュラー、マーベロンなど副作用が少なく扱いやすいものが多く、避妊効果もしっかり得られます。

低用量ピルとは?

低用量ピル

避妊薬の中で現在主流のタイプが低用量ピルです。ピルとは卵胞ホルモン、黄体ホルモン(いわゆる女性ホルモン)が含有されており、服用すると排卵・子宮内膜の抑制、頚管粘液を分泌させ精子の侵入を阻止する、などの効果があります。それによりほぼ100%の避妊が可能です。

低用量ピルが普及する前は中用量ピルが使用されていました。違いは含有されるホルモン量。数字で表しても分かりにくいかもしれませんが、以前の主流であった中用量ピルはほぼ50μgぴったり。もちろん避妊効果は有効ですが、そのホルモン量により副作用が起きやすく、それが女性の避妊薬離れの一因になってしまいました。低用量ピルはそれよりも少ない50μg以下です。

低用量ピルの副作用

副作用

副作用に挙げられるものは吐き気、あるいは嘔吐です。むくみや太りやすくなってしまう、ニキビが出来ることがあったりと女性にとってつらい症状が起きてしまいます。しかし低用量ピルにはその発現も非常に少ないものですので、副作用があり敬遠していたという方はぜひ医療機関で相談をし、服用をしてみて下さい。

トリキュラー

その中でも人気が高いのがトリキュラーです。特徴は三段階に変わるホルモン量。自然なホルモンバランスに近づけ体への負担が少なくすみます。このようにホルモン量が三段階に変わっていく低用量ピルを3相性タイプと呼びます。3相性であるトリキュラーは服用する順番が決まっていますがシートに記載されているので安心して下さい。

低用量ピルには2種類あります

マーベロン

1相性タイプという低用量ピルというものもあり、ホルモン量は変わりない、つまり飲む順番を気にせずに服用できるタイプもあります。その中でも人気の製品はマーベロンです。飲み忘れが無いようにこちらもシートに順番が記載されています。ホルモン含有量に変わりはありませんが良く確認をして服用を行いましょう。

マーベロンの他にもダイアン35も人気です。特筆すべき事が体の小さいアジア人向けであること。ダイアン35も1相性タイプですので、服用の順番を気にしなくても大丈夫です。またニキビの抑制効果が非常に高いのが特徴です。それにお悩みの人はこちらを選んではどうでしょう?