避妊薬で安心安全生活TOP > 避妊薬を通販で購入する方法

避妊薬は保険適用外の医薬品のため実費負担になってしまいます。そこで通販を利用して購入する方法があります。

避妊薬の入手方法

避妊薬の入手方法

避妊薬を入手するには?

避妊薬は婦人科など医療機関で処方してもらうことで入手することが出来ます。診断を行い色々ある種類の中から相談をして決めます。中でも人気がある避妊薬はトリキュラーマーベロンです。これらはホルモン量が少ない低用量ピルと呼ばれるタイプです。また避妊に失敗した場合に服用することで妊娠を防ぐことの出来るアフターピルも医療機関で入手する事が出来ます。現在使用されているものはノルレボですがヤッペ法を選ぶことも出来ます。その際使われる避妊薬は中用量ピルであるプラノバールが多いです。

低用量ピルもアフターピルも実は保険適用がされていません。避妊薬としての処方は適用外なのです。つまり全額実費で購入しなければなりません。特にノルレボは非常に高額です。さらに診察代や調剤料なども加算されますのでさらに費用がかさばる可能性があります。そのような時は海外から医薬品を個人輸入することで費用を節約する事が出来ます。

通販で購入しましょう

通販サイトを利用

その中でも今、人気なのが海外医薬品を販売している通販サイトを利用し、避妊薬を購入する方法です。個人輸入とは自身が直接海外のサイトから医薬品を購入、または現地へ赴き直接買うといった方法です。しかし手続きが少々面倒であるため、通販サイトを運営している代行業者に手続きを全て任せ、ユーザーである我々は希望する商品を選ぶだけで購入が出来るという方法が通販サイトを利用する方法です。

通販サイトにはトリキュラーやマーベロンなどの低用量ピル、またアフターピルを購入したい場合はノルレボのジェネリックにあたるアイピルなど各種揃っており、価格も海外で販売されている価格で購入できますので安価です。特にアイピルはノルレボと比較するとかなり安くなっており使いやすさも相まって非常に人気があるようです。

利用の際のタイミングは余裕をもって

通販サイトを利用

価格面、そして品揃えと選択肢が広がるのが通販サイトの魅力ですが緊急を要する、つまりアフターピルを利用せねばならぬ状況下の時は現地より発送が行われますので時間がかかってしまいます。使用するタイミングがシビアなアフターピルとは少し相性が悪いといった難点があります。

しかし備えとして持っておく場合、とても有意義な購入方法になります。そして使用する機会が訪れてしまった場合にはすぐに服用できるため安心できます。使い方で大きく変わりますので、ぜひ有効に通販サイトを活用して下さい。